|CD・レコードの販売・買取|ディスクユニオン新宿ロック新品ストア

新宿駅南口徒歩約5分。新品 CD・レコード・グッズの販売を行う60'S-70'Sロックを中心とした専門店です。 ROCK / SOFT ROCK / GRILS / OLDIES / GARAGE PUNK / TRANS WOLRD BEAT / BRITISH BEAT / MODS / PSYCH / NOISE & AVANTGARDE / 辺境GROOVE / MOLAM / LUKTHUNG / MONDO / EXOTICA / OUTSIDER / AOR / SSW / FOLK / ROOTS / SWAMP / BRITISH FOLK / BLUES ROCK / HARD ROCK / PUB ROCK / PROGRESSIVE ROCK / 高音質盤 などなど・・・ ビートルズからシャッグスまで等しく愛を注いだ品揃えで営業中。

   

ESOTERICの2018年末目玉アイテム2タイトル入荷! 本日の新入荷 12/10

★ESOTERICの2018年末目玉アイテム2タイトル入荷!

●カルロス・クライバー / ベートーヴェン: 交響曲第5番 & 第7番 国内SACD 3,900円(税込) (エソテリック (ESOTERIC) / ESSG90190 / 4907034222568)
こちらの商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。
ESOTERIC特約店のみの限定販売
限定生産・SACDハイブリッド盤

カルロスの圧倒的な凄み、ここに極まる。

■ESOTERIC ならではのこだわりの Super Audio CDハイブリッド・ソフト

オリジナル・マスター・サウンドへの飽くことなきこだわりと、Super Audio CD ハイブリッド化による圧倒 的な音質向上で確固たる評価をいただいている ESOTERIC名盤復刻シリーズ。発売以来 LP 時代を 通じて決定的名盤と評価され、CD時代になった現代にいたるまで、カタログから消えたことのない名 盤を高音質マスターからDSDマスタリングし、世界初の Super Audio CDハイブリッド化を数多く実現し てきました。今回はアナログ時代全盛期にウィーン・フィルが名指揮者と録音した極め付きの名盤2枚 を Super Audio CD ハイブリッドで発売いたします。

■残されただけでも貴重なカルロスのセッション録音
亡くなってから15年が経とうとする今日でも、その人気に衰えの兆しが見られない指揮者カルロス・クライバー(1930-2004)。優美で華麗な指揮姿、極端に少ない演奏会やレパートリー、キャンセルの多さ、 そして何よりもオペラ・コンサートを問わず、演奏そのものの圧倒的な魅力によって、数多くの聴衆を魅 了したカリスマであり、録音嫌いであることでも知られていました。クライバーのセッション録音は、1973年の「魔弾の射手」に始まり、1982年の「トリスタン」にいたるドイツ・グラモフォンへの録音8点と EMI (現ワーナー・ミュージック)録音 1 点のみ。どれもが細部まで緻密に考え抜かれたカルロスならではの 解釈で、今聴いてもその極めて個性的な輝きは私たちの心をとらえてやみません。当アルバムは、1970年代にウィーン・フィルと録音したベートーヴェンの交響曲第5番と第7番の2曲をカップリングし たもの。もともと単独の LPとして 1975年と1976年に発売されていましたが、CD時代に入り、1995年の「DGオリジナルス」シリーズでのリマスター発売からこのカップリングで定着した定番の最新DSDリマ スターです。

■数少ないコンサート・レパートリー
カルロスはもともとオペラ指揮者としてその指揮活動を開始したということもあって、シンフォニーや オーケストラ曲を取り上げるようになったのは比較的遅く、しかも生来自己批判が厳しいという性格も あって、生涯に指揮したシンフォニーやオーケストラ曲のレパートリーは非常に限られていました。 ベートーヴェンの交響曲では第4番、第5番、第6番、第7番の 4曲だけで、セッション録音が残されたのは当アルバムに収録された第5番と第7番のみです。

■鋼のように強靭な響きの第5番
1974年3月から4月にかけて録音された交響曲第5番は、前年録音のウェーバー「魔弾の射手」でセンセーショナルなレコード・デビューを果たしたカルロスにとって初のシンフォニーの録音となったも ので、ウィーン・フィルともこのセッションが初共演(本番を経てからセッションに持ち込むという道筋で はなく、いきなりセッションでの顔合わせ。もっとも前年 10月にウィーン国立歌劇場で「トリスタン」新校 訂上演を5回振っており、ウィーン・フィルの母体である国立歌劇場管とは共演済み)。ウィーン・フィルとはこの録音の後、1974年10月(ブラティスラヴァとイェーテボリへのツアー)、そして 1981年4月(メキシコ・ツアー)における演奏会でもこの交響曲を演奏しています。有望な若手指揮者とウィーン・フィ ルを組み合わせて有名交響曲を録音するという手法は他にも多くの例がありますが、このカルロスの ベートーヴェン第5番ほど大きなセンセーションを巻き起こし、発売後40年以上経ってもいまだに名盤 として聴き継がれている録音は多くはありません。全曲に漲る若武者のような圧倒的な勢いと細部への 緻密な目配りとが極めて高度な次元で両立した稀有の名演といえるでしょう。第 1 楽章の運命動機の 提示からして重厚でありかつしなやかさを兼ね備え、展開部における動機の鮮やかな捌き方も有無を 言わさぬ説得力があります。フレージングに工夫が凝らされた第2楽章の美しい歌、音を割ったウィン ナ・ホルンの吹奏が剛毅な味わいを出す第3楽章主部と軽快なトリオとの対比、そして遅めのテンポで 堂々と進軍する第4楽章まで息もつかせぬ音楽が展開され、ウィーン・フィルもいつもの優美さよりも鋼のように強靭な響きでカルロスの棒に応えています。

■各パートが透けて見えるようなクリアかつ軽やかなサウンドの第7番
第 5 番の成功を受けて 1975年から76年にかけて録音された交響曲第7番も、第5番同様演奏会とは無関係のセッションで録音されたもので、ウィーン・フィルとは上述の1981年4月のメキシコ・ツアーでも演奏し、さらに 1982年2月の定期演奏会(カルロスにとっては遅まきながらの定期デビュー)でも 共演しています。この交響曲は、1983年10月のコンセルトヘボウ管へのデビュー(ユニテルによる映 像収録が実施されソフト化)、1986年5月のバイエルン国立管との日本ツアー(最終日の人見記念講 堂公演をNHKが映像収録)にもプログラミングされるなど、その限られたオーケストラ・レパートリーの 中でカルロスが愛奏し、その代名詞のような作品となりました。カルロスにとって生涯最後の演奏会と なった 1999年2月、カルガリにおけるバイエルン放送交響楽団との演奏でも取り上げられています。 このウィーン・フィルとのセッション録音も、「リズムの聖化」とも称されるこの作品とのカルロスの抜群の 相性の良さを示したもので、重厚な響きが一貫した第5番とは異なり、オーケストラの各パートが透けて 見えるようなクリアかつ軽やかなサウンドで、モチーフやリズムが交錯し軋轢を生みながら前進していく 音楽の面白さをこれ以上ないほど明解に提示しています。特にこの曲で重要な役割を担う第2ヴァイ オリンを右側に配し第1ヴァイオリンと対抗にすることで、2つのパートが拮抗する効果を鮮明にしてい る(特に第4楽章のコーダ直前)のはこの時代の演奏としては珍しい措置といえるでしょう。もう一つ珍 しい点と言えば第2楽章を結ぶ弦のパートのアルコをピツィカートに変えていることでしょう。これはクレンペラーなど一部の指揮者が採用している修正ですが、カルロスの父エーリヒも同様の修正を取り入 れており、カルロスが父エーリヒから受け継いだ音楽的遺産の大きさを示す一例といえましょう。

■最高の状態での Super Audio CDハイブリッド化が実現
録音はムジークフェラインザールで行われて いますが、プロデューサーはヴェルナー・マイ ヤー(第5番)、ハンス・ウェーバー(第7番)、エンジニアはハンス=ペーター・シュヴァイクマン (第5番)、ヨープスト・エーデルハルト/ユルゲ ン・ブルグリン(第7番)と異なっており、そのこと も重厚でマスの響きで聴かせる第 5 番、大き目 の明解な音像で細部のクリアネスが耳に入る第 7 番という、収録サウンドのイメージの差異につ ながっているのかもしれません。定評ある名盤 だけにCD時代初期にCD化されて以来、何度 も再発売が繰り返され、1995年には Original Image Bit Processing (OIBP)方式による 24ビット・リマスター、2003年には Super Audio CDハイブリッド、そして 2018年には「ハイレゾ CD」でも発売されています。今回の Super Audio CDハイ ブリッド化に当たっては、これまで同様、使用するマスターテープの選定から、最終的な DSDマスタリ ングの行程に至るまで、妥協を排した作業が行われています。特にDSDマスタリングにあたっては、 DAコンバーターとルビジウムクロックジェネレーターに、入念に調整された ESOTERIC の最高級機材 を投入、また MEXCELケーブルを惜しげもなく使用することで、オリジナル・マスターの持つ情報を余 すところなくディスク化することができました。

【収録内容】
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827):
交響曲 第5番 ハ短調 作品67 《運命》 
[1] 第 1 楽章:アレグロ・コン・ブリオ 
[2] 第 2 楽章:アンダンテ・コン・モート 
[3] 第 3 楽章:アレグロ 
[4] 第 4 楽章:アレグロ 

交響曲 第7番 イ長調 作品92 
[5] 第 1 楽章:ポコ・ソステヌート~ヴィヴァーチェ 
[6] 第 2 楽章:アレグレット 
[7] 第 3 楽章:プレスト~アッサイ・メノ・プレスト 
[8] 第 4 楽章:アレグロ・コン・ブリオ





●カール・ベーム / シューベルト: 交響曲第5番 国内SACD 3,900円(税込) (エソテリック (ESOTERIC) / ESSG90191 / 4907034222575)
こちらの商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。
ESOTERIC特約店のみの限定販売
限定生産・SACDハイブリッド盤

このウィーン・フィルの響きは、ベーム晩年の完熟の輝きそのもの。

■ESOTERIC ならではのこだわりの Super Audio CD
ハイブリッド・ソフト オリジナル・マスター・サウンドへの飽くことなきこだわりと、Super Audio CD ハイブリッド化による圧倒 的な音質向上で確固たる評価をいただいている ESOTERIC 名盤復刻シリーズ。発売以来 LP 時代を 通じて決定的名盤と評価され、CD 時代になった現代にいたるまで、カタログから消えたことのない名 盤を高音質マスターから DSDマスタリングし、世界初の Super Audio CDハイブリッド化を数多く実現し てきました。今回はアナログ時代全盛期にウィーン・フィルが名指揮者と録音した極め付きの名盤 2 枚 を Super Audio CD ハイブリッドで発売いたします。

■ドイツ・オーストリア音楽の本質を真っ正直に伝えるベーム
生前はウィーン・フィルやベルリン・フィルから神のように崇められ、カラヤンと人気を二分したオースト リアの名指揮者カール・ベーム(1894-1981)。音楽を流麗に磨き上げるカラヤンの派手な音楽作りと比 べて、素朴で質実剛健・愚直なまでに音楽に忠実なベームの音楽は、ドイツ・オーストリアのクラシック 演奏の本質を伝えるものとして高く評価されていました。1970年代以降、つまりベーム70代後半から 80代にかけての晩年の10年間は、クラシック音楽の伝統の守護神としての存在感を増し、特に日本においては 3度の来日公演の絶賛とも相まって、急激にその評価と人気を高めていった時期でもあり ました。そのベーム生涯最後の 10 年間の冒頭と最後期に録音された2曲をカップリングしたのが当アルバムです。

■1970 年代、ベーム晩年の輝きを刻印した名演
1970年代のベームは録音面でも充実の極みにありました。1930年代のSP時代以来長い盤歴を誇る ベームでしたが、意外なギャップも多く、70年代はそれらのギャップを埋めていく時代でもありました。 オーケストラも 60 年代に数多く録音したベルリン・フィルに代わってウィーン・フィルが起用されるようになり、ブルックナーの交響曲第3番・第4番・第7番・第8番、ブラームスの交響曲全集、ドヴォルザーク:新世界、R.シュトラウス「英雄の生涯」、J.シュトラウス:ワルツ集、ワーグナー:管弦楽曲集、モーツァルト「レクイエム」とベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」のステレオ再録音などはその一例ですが、この充実の 10年間の劈頭を飾ったのが1970年~72年にかけて録音されたウィーン・フィルとの「ベートー ヴェン:交響曲全集」でした。ベートーヴェン生誕200年の1970年に録音された第5番と第9番で開 始され、翌71年の第6番「田園」、そして 72年9月に残りの6曲が一挙に収録されて完結したこの全集は、1973年のドイツ・グラモフォン創立75周年を記念するアニヴァーサリー・エディションとしてハイドンからシベリウスにいたる10人の作曲家の交響曲全集(または選集)の一環として同社入魂の企画 でもありました。またこのベームのベートーヴェン全集は、(わずかの例外を除き)60年代を通じて強力 な専属契約に縛られていたデッカ・レーベルのみに録音を行っていたウィーン・フィルが、初めてドイツ・グラモフォンに録音するプロジェクトでもあり、その意味でも歴史的な意味合いを持つ録音となったのでした。

■ベーム唯一の録音となった「田園」
1971年5月録音の第6番「田園」は、この全集の9曲中最も高く評価されてきた演奏です。不思議なことにベームにとってはこの曲生涯唯一のセッション録音となったものですが、スケール雄大な構想の中で、過度な表情付けを排しむしろ淡々と歩みを進めることでかえってウィーン・フィルの持つ圧倒的 な美感を引き出し、ひいてはそれが作品の本質を突くという高度な次元での名演が実現したのでした。デッカ時代のゾフィエンザールで収録された明晰・明解な、しかし雰囲気に欠けるオンマイクの音作りに比して、録音場所をムジークフェラインザールに移し、その美しい残響を採り入れることで光輝を増した、魅力あふれるウィーン・フィルのサウンドが、質実剛健を貫くベームの解釈に微笑みを加えているかのようです。

■ノスタルジックなシューベルトの第5番
一方 1979年暮れに録音されたシューベルトの交響曲第5番は、ベーム晩年の10年間の最後の時期の記録で、初出は凄絶な演奏であるがゆえにベームの隠れた名盤として知られる1978年録音の シューマンの交響曲第4番でした。ベームがこのシューベルト若書きの佳品を初めてウィーン・フィルで演奏したのは第2次大戦中の 1943年のことで、その後 44年、53年、65年、67年、78年と取り上げ、55年にはデッカにモノラル録音も残しています。71年のベートーヴェン「田園」と比べると、よりゆっくりとした歩みの中で老巨匠がまるで過去を振り返るようなノスタルジックな趣さえたたえ、「田園」の時よりもより近接したサウンド・イメージで捉えられた、ウィーン・フィルの艶のある弦楽パート、チャーミン グな木管が花を添えます。ブルーノ・ワルター指揮コロンビア交響楽団のステレオ録音と双璧を成す 懐古主義的な名演ともいえましょう。

■最高の状態での Super Audio CDハイブリッド化が実現
録音を担ったのはドイツ・グラモフォンのベテラン、ギュンター・ヘルマンス。客席が空だと残響が多く、 セッション録音は必ずしも容易ではないムジークフェラインザールの響きの本質をとらえる手腕はさ がといえましょう。「田園」の時はオーケストラ全体の響きをやや遠めの距離感で見通せるような音作りをしたかと思いきや、シューベルトの第5番ではより近めの響きを取り入れることで作品の持つ親密さを自然に醸し出すなど、ベテランならではの仕事ぶりが刻まれています。2 曲のうち特に「田園」は、定評ある名盤だけに CD 時代初期に CD 化されて以来、カタログから消えたことがなく、1995 年には Original Image Bit Processing (OIBP)方式でリマスターされたDGオリジナルスにも組み込まれていま した。シューベルトの第5番はその95年のオリジナルス発売時にカップリングされたことがあり、それ以 来このカップリングで再発売されていますが、DSDリマスタリングによる Super Audio CD化は初めてで す。今回の Super Audio CDハイブリッド化に当たっては、これまで同様、使用するマスターテープの 選定から、最終的なDSDマスタリングの行程に至るまで、妥協を排した作業が行われています。特にDSDマスタリングにあたっては、DAコンバーターとルビジウムクロックジェネレーターに、入念に調整さ れた ESOTERIC の最高級機材を投入、また MEXCELケーブルを惜しげもなく使用することで、オリジ ナル・マスターの持つ情報を余すところなくディスク化することができました。【収録内容】
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827):
交響曲 第6番 へ長調 作品68 《田園》 
[1] 第1楽章:田舎に到着したときの朗らかな感情のめざめ(アレグロ・マ・ノン・トロッポ) 
[2] 第2楽章:小川のほとりの情景(アンダンテ・モルト・モッソ) 
[3] 第3楽章:農民の楽しい集い(アレグロ) 
[4] 第4楽章:雷雨、嵐(アレグロ) 
[5] 第5楽章:牧人の歌、嵐のあとの喜ばしい感謝の感情(アレグレット) 

フランツ・シューベルト(1797-1828):
 交響曲 第5番 変ロ長調 D485 
[6] 第1楽章:アレグロ 
[7] 第2楽章:アンダンテ・コン・モート 
[8] 第3楽章:メヌエット(アレグロ・モルト)~トリオ 
[9] 第4楽章:アレグロ・ヴィヴァーチェ 




★65年のロッキン・クリスマス・アルバムがホリデイ・カラー・ヴァイナル仕様でアナログ・リイシュー!


●VENTURES / VENTURES' CHRISTMAS ALBUM (COLORED LP) 輸入LP 3,240円(税込) (SUNDAZED / LP5352 / 0090771401816)
ロッキンなクリスマス・モノの最高峰として知られるVENTURESの65年作。BOB BOGLE X NOKIE EDWARDS X DON WILSONによる最高のフロント・ラインが揃っている時期。しかも曲のアレンジが超最高です。凄まじいドラム・ロールからお馴染みのイントロ"WALK DON'T RUN"がはじまると思いきや"SLEIGH RIDE (そりすべり)"になだれ込む1曲目から完全に持っていかれます。ガレージ好きの諸氏には"WOOLY BOOLY"のイントロで始まる"SANTA CLAUS IS COMIN' TO TOWN (サンタが街にやってくる)"や"I FEEL FINE"で始まる"RUDOLPH THE RED NOSED REINDEER"、"TEQUILA"で始まる"FROSTY THE SNOWMAN"もオススメ。DJプレイで盛り上げるも良し、この時期のVENTURESの完成度に酔いしれるも良し。




★フリートウッド・マックの黄金期を支え、ソロ・アーティストとしても輝かしいキャリアを持つ偉大なるミュージシャン、リンジー・バッキンガムのアンソロジーLP BOX!

●LINDSEY BUCKINGHAM / SOLO ANTHOLOGY: THE BEST OF LINDSEY BUCKINGHAM (6LP BOX) 輸入LP 11,340円(税込) (RHINO / 349785584 / 0603497855841)
ソロ・アルバムから映画に提供した楽曲までを収録した、ソロ・アーティストとしてのその華々しい軌跡を包括するアンソロジー・アルバムがここに登場! こちらは3枚組デラックス・エディションに収録されています全53曲を6枚のLPに収録した、豪華6枚組アナログ・ボックス!

◆現代における偉大なギタリストの一人であり、偉大なソングライターの一人であり、そして偉大な音楽的表現者の一人として知られるアーティスト、リンジー・バッキンガム。ロックの殿堂入りを果たし、3度のグラミー賞を受賞する経歴を持つ彼は、プロデューサーとしてもその才能を発揮するだけでなく、フリートウッド・マックのギタリスト/ヴォーカリスト、そしてチーフ・ソングライターとしてバンドの黄金期を支え、さらにはソロ・アーティストとしても多くのファンやミュージシャンから敬愛されるアーティストだ。 

◆そんな彼の輝かしいキャリアを包括するアンソロジー作品『SOLO ANTHOLOGY: THE BEST OF LINDSEY BUCKINGHAM』がここにリリースされることとなった。この作品は、全54曲を収録する3枚組デラックス・エディションに加え、彼のキャリアを1枚のディスクに凝縮した1CD、そしてデラックス・エディションに収録されています全曲を6枚のアナログ盤に収録した6枚組アナログ盤の3形態での発売となる(3CD、1CDは10月5日、6LPは11月23日に発売予定)。 

◆『SOLO ANTHOLOGY: THE BEST OF LINDSEY BUCKINGHAM』には、彼が発表してきた『LAW AND ORDER』(1982年)、『GO INSANE』(1984年)、『OUT OF THE CRADLE』(1992年)、『UNDER THE SKIN』(2006年)、『GIFT OF SCREWS』(2008年)、そして『SEEDS WE SOW』(2011年)といったソロ・アルバムに収録されています楽曲のアルバム・ヴァージョンやライヴ・ヴァージョン、オルタナティヴ・ヴァージョンが収録されていますほか、2017年に彼がクリスティン・マクヴィーとタッグを組んで発表した作品からの楽曲を収録。 

◆また、1983年の映画『NATIONAL LAMPOON'S VACATION』のサウンドトラックに提供した「HOLIDAY ROAD」や「DANCIN ACROSS THE USA」、1985年の映画『BACK TO THE FUTURE』に提供した「TIME BOMB TOWN」といったサウンドトラック楽曲に加え、フリートウッド・マックの「TUSK」や「GO YOUR OWN WAY」といった楽曲のライヴ・ヴァージョン、さらには、今回の『SOLO ANTHOLOGY』で最もエキサイティングな曲だとも言える、完全未発表の最新楽曲2曲「HUNGER」と「RIDE THIS ROAD」も収録し、まさに全キャリアを総括する豪華アンソロジー作品だと言えるだろう。 
※この新曲は、3CDデラックス・エディション並びに6枚組アナログ盤のみに収録されています。 

◆このアンソロジー作品の発表に伴い、リンジー・バッキンガムの北米ツアーが2018年秋となる10月7日のポートランド公演よりスタートすることも決定しています。稀有の才能の持ち主であり、アメリカン・ロック・シーンで広く愛されるミュージシャン、リンジー・バッキンガムの魅力を十二分に堪能できる作品の登場だ。

収録曲
【LP ONE】 
未発表楽曲も収録! 輝かしいキャリアを総括するソロ・アンソロジーがデラックス・エディション6LPボックス・リリース!

FLEETWOOD MACの黄金期を支え、ソロ・アーティストとしても輝かしいキャリアを持つ偉大なるミュージシャン、LINDSEY BUCKINGHAM。ロックの殿堂入りを果たし、3度のグラミー賞を受賞する経歴を持つ彼は、プロデューサーとしてもその才能を発揮するだけでなく、FLEETWOOD MACのギタリスト/ヴォーカリスト、そしてメイン・ソングライターとしてバンドの黄金期を支え、さらにはソロ・アーティストとしても多くのファンやミュージシャンから敬愛されてきました。

全54曲を収録する6枚組デラックス・エディション・アナログ・ボックス。

82年作『LAW AND ORDER』、84年作『GO INSANE』、92年作『OUT OF THE CRADLE』、06年作『UNDER THE SKIN』、08年作『GIFT OF SCREWS』、11年作『SEEDS WE SOW』といったソロ・アルバム楽曲のアルバム・ヴァージョンやライヴ・ヴァージョン、オルタナティヴ・ヴァージョンに加え、2017年のCHRISTINE MCVIEとのデュオ作『LINDSEY BUCKINGHAM/CHRISTINE MCVIE』楽曲も収録しています。

また、83年映画『NATIONAL LAMPOON'S VACATION』のサウンドトラックに提供した"HOLIDAY ROAD"や"DANCIN ACROSS THE USA"、85年映画『BACK TO THE FUTURE』に提供した"TIME BOMB TOWN"といったサウンドトラック楽曲に加え、FLEETWOOD MACの"TUSK"や"GO YOUR OWN WAY"といった楽曲のライヴ・ヴァージョン、さらには本作で最もエキサイティングな曲だとも言える完全未発表の最新楽曲2曲"HUNGER"と"RIDE THIS ROAD"も収録し、まさに全キャリアを総括する豪華アンソロジー作品に仕上がっています。




★2018年ベスト盤がアナログ・リリース!

●RUNAWAYS / BEST OF THE RUNAWAYS (LP) 輸入LP 3,024円(税込) (MERCURY / 6767305 / 0602567673057)
JOAN JETT、CHERIE CURRIE、LITA FORDといった時代を代表する女性ロック・スターを輩出、下着姿のステージ衣装で世界中を悩殺した元祖ティーン・ガールズ・バンドTHE RUNAWAYS。

奇才KIM FOWLEYの協力の下で完成させた初期の大ヒット シングル"CHERRY BOMB"をはじめとした全13曲を収録。リマスター。




★AMY WINEHOUSEによるTEARS DRY ON THEIR OWNとのオリジナルやリミックスを収録したスプリット作がホワイト盤ながらアナログリリース!

●AMY WINEHOUSE / TEARS DRY ON THEIR OWN (PART 5) "2LP" 輸入LP 2,052円(税込) (NOT ON LABEL / PICT111 / 2000001082133)
AMY WINEHOUSEによるTEARS DRY ON THEIR OWNとのオリジナルやリミックスを収録したスプリット作がホワイト盤ながらアナログリリース!




★和製テクノのルーツはY.M.O.だけじゃない! オリジナル盤は500ドル・オーバーの伝説的ミニマル・シンセ超名作がついに再発!

●SYMPATHY NERVOUS / SYMPATHY NERVOUS (LP) 輸入LP 3,564円(税込) (MINIMAL WAVE / MW067 / 2299990622465)
80年代日本、伝説的インディーズ・レーベルVANITY RECORDSからのレコード作品を筆頭に日本では珍しいテルミン伝道者、話のネタにのアミューズメントパークの効果音等活動多岐に渡る国産ミニマルシンセ最高峰SYMPATHY NERVOUS。そのデビューアルバムである1980年VANITY RECORDSリリース作が米MINIMAL WAVEより遂にヴァイナル復刻。

和製テクノの大御所Y.M.O.、電気グルーヴ、そして近年海外でも評価が急上昇中のSOICHI TERADAに高田みどり・・・その中に加えなければならない日本が誇るべき名作がついにLP再発! ジャパニーズ・ニューウェイヴ~テクノの流れをこれ一つで一気に体現してしまった奇跡の一枚。同レーベルから未発表音源集『PLASTIC LOVE』、『AUTOMATICISM』が発売されていますが今回の再発はまさしく本命の登場と言って過言では無いでしょう。NEW WAVEファンはもちろん、電気グルーヴ、カルト・ミニマル・シンセ、地下音楽マニア・・・全80'Sファン鬼マストの超名作!






※お客様各位
当フロアのブログに掲載されている商品のうち2014年3月31日までに記載された価格は消費税率5%に基づいています。2014年4月1日以降のお問い合わせの場合は税率8%の価格でご案内となります。予めご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

メール/電話でもご注文承りますのでお気軽にどうぞ!!
通販も可能です♪ tel:03-3352-2691(1Fをご指名くださいませ)
mail: ds1_1f@diskunion.co.jp
ROCKZA.jpg 

ブログ内検索

TWITTER

ディスクユニオン新宿ロック新品ストアとは?

ディスクユニオン新宿の1階にございます60~70年代ロックの専門フロアです。定番の紙ジャケ商品は勿論、サイケ/ガレージ/ソフトロック/各国のSSW~フォーク/70sロック/AOR/オールディーズなど痒いところに手が届く新品商品の品揃えはユニオンロック専門各店の中でも随一。中古DVDも常に約1,000本の在庫をご用意しております。

営業時間 11:00~21:00(日・祝日のみ20:00閉店)年中無休

〒160-0022 新宿区新宿3-31-4 

TEL:03-3352-2691
メールお問い合わせ

978811ef.gif



1F月間ランキングTOP10

★200 STANDARDS♪ PDFも公開中!

「GREATEST HITS」連動企画 『Staff Select ROOTS CLASSICS』

1978 / STANDARDS♪

1968 / STANDARDS♪

買取のご案内

★音楽酒最前線 !!

MOTORHEAD、AC/DC、IRON MAIDEN、さらにMARSHALL(マーシャルアンプ)の新たなビールが一挙登場!!

当フロア独自企画!


▲デッドストックLP大量入荷!

当フロアのヤフオク出品情報

▼当フロアのヤフオク出品情報はコチラから!!

★ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

ディスクユニオン各店へのご意見、ご要望

日本野鳥の会の長靴

 
▲絶賛取り扱い中♪

▲新色も入荷しました♪

通信販売のご案内

消費税表記につきまして
当ブログに掲載されている商品のうち2014年3月31日までに記載された価格は消費税率5%に基づいています。 2014年4月1日以降のお問い合わせの場合は税率8%の価格でご案内となります。 予めご了承のほど宜しくお願い申し上げます。

日本全国からのご注文承ります。 詳しくはこちらを是非御覧下さいませ。 商品の詳しいお問い合わせ、お取り置き希望のお客様は  03-3352-2691(1Fをご指名くださいませ)までお気軽にどうぞ!!
ROCKZA.jpg
メール確認後、在庫状況などご連絡させて頂きます。即発送可能な場合でも一度ご連絡させて頂きます。

最新お買い得情報


『1Fお買い得割引情報』
『オレンジ色の特価品カードの付いた商品、まとめ買いでさらに割引き!』
★★★★★★★★★★★★
1点で20%オフ
2点で30%オフ
3点で50%オフ
★★★★★★★★★★★★
※他の割引きとの併用は不可となります


在庫検索

ディスクユニオン 店舗在庫検索はこちら

メルマガ登録のご案内

当店の中古新入荷情報やお買得品情報などの催し物のご案内など、お店の状況を逐次お客様のパソコンや携帯に配信しております。 メルマガご登録者様限定のサービスもあったりします。
■パソコンのメールアドレスでの登録■
1.下記のご希望されるジャンルをクリックしていただくと自動的にメールが立ち上がりますので、そのまま何も記載せずにメールを送信ください。
※送っていただいたメールアドレスが登録になります。

【新宿ロック新品ストア】
【新宿ビートルズ情報】

2.配信スタンドからURLの記載されたメールが届きますのでそちらのURLに飛んでいただいて、内容を確認後そのままクリックしていただくだけです。

■携帯のメールアドレスでの登録■
1.QRコードでアクセス!
バーコード読み取り機能つき携帯電話で、下記バーコードを読み取ってください。
13214c81.jpeg
69427876.jpeg
2.空メールが立ち上がりますので、そのまま何も記載せずにメールを送信ください。
3.配信スタンドからURLの記載されたメールが届きます。
そちらのURLに飛んでいただいて、内容を確認後そのままクリックしていただくだけです。

ロック中古情報ブログができました!


click↑

アクセスカウンタ

Copyright ©  -- |CD・レコードの販売・買取|ディスクユニオン新宿ロック新品ストア --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  /